本当に実用的な「通じる」英語を習得する方法

詳しくはこちら

学校の英語・受験英語が役に立たないなんて嘘!

英語が話せるようになりたいですか?

英語で海外の人と自由にコミュニケーション取れるようになりたいですか?

 

英語が使えるようになると・・・

 

■海外旅行で通訳やガイドに頼らず自由に現地の人と会話できる

■海外の学校に留学できる

■外資系企業で仕事ができる

■海外の企業と仕事ができる

■英語圏の人と友達になれる

■外国人と恋人になれる

■洋楽の歌詞を翻訳なしで理解できる

■洋画、海外ドラマを字幕なしで見られる

 

などなど、素敵なことがたくさんあります。

 

今は、国際化社会などと言われる世の中です。

 

留学に行ったり、海外や日本国内でも外国人と交流する機会がたくさんあります。

もちろん、普段は外国の方と日常的に接しているわけではない人、海外旅行だって年に何度も行かないという人もいるでしょう。

そういう方にとって、英語は「話せたらいいな」とは思っていても、今すぐにでも「話したい」というものではないかもしれませんね。

 

でも、私たちの生活の中には、実に多くの英語が存在しています。

 

試しに身の回りを意識して見てみてください。

たくさんの英語が目に入ってくると思います。

 

さらには、洋楽や洋画、海外ドラマなど英語で表現された作品は、すでに私たちにとってとても身近なものになっていると思います。

それらの英語がどんな意味なのか、歌詞カードや字幕なしに日本語と同じような感覚で理解できるとしたらどうでしょう?

誰かの翻訳に頼らず、直接自分で英語のメッセージが受け取れたら良くないですか?

 

また、企業内の公用語が英語になったり、外資系企業への就職などもひと昔前から比べれば増えてきているのではないでしょうか。

そうした時代の変化の中で、英語がこれまで以上に注目されています。

 

東大出身者よりも、地方の大学で英語コミュニケーション力を習得した人材を積極登用する企業もあるほど、グローバルな社会では英語のコミュニケーション力は非常に重要な力なのです。

 

だからこそ、学校でも英語教育に力が入れられています。

 

小学校では英語が必修化となり、大学入試改革でも英語は注目される教科のひとつです。

 

英会話学校、英語教材で成果が出ましたか?

でも、これは今に始まったことではありません。

 

以前から、

「学校・受験英語は使えない」

と言われてきました。

 

「何年も勉強しているのに英語が話せるようにならない」

「使える英語が身に付かない」

 

と。

 

何度も教育改革の名の下に様々なことが試みられてきました。

 

が、残念ながらどれも成功したとは言い難いです。

 

中学、高校の英語・受験勉強で読み書きの基礎、文法は勉強します。

 

しかし、学校の英語・受験英語には、「コミュニケーションのツール」として「英語が実際に使えるようになる」という実用的な視点がないのです。

 

英語を教えている先生ですら、まともに英語が話せない、コミュニケーションが取れるレベルでの英語力がない場合もあります。

 

だから、仕事や留学のために英語が必要になった場合、学校以外の英会話スクール・英語教材などで勉強する人が多いのでしょう。

 

世の中には、実にたくさんの英会話スクール・英語教材があります。

 

英語圏の子どもと同じように英語シャワーを浴びれば話せるようになるんだという人もいます。

 

外国人の先生がいる英会話スクールに通ったり、聞き流すだけで話せるようになるという教材を試してみたり・・・。

 

でも、英語の勉強に時間もお金も費やす人がたくさんいる一方で、成果が出ていない人が多いのも事実です。

 

学校の英語ではダメだということで作られた英会話スクール、英語教材なのに、結局成果が出ないなんて悲劇です。

 

もう英語はあきらめた方がいいの?

今までやってきた(今もやっている)英語の勉強はムダなの?

 

そんなことはありません!

 

あなたの英語の勉強は決して無駄ではないし、今からだって英語を話せるようになります!

 

英語はコミュニケーションのツールに過ぎません!

英語は言語です。

言語はコミュニケーションのツールです。

 

子どもだって使えているものです。

 

あなたに英語が話せないわけがありません!

 

ただし、子どもの頃に生活の中で英語を聞き続けていれば、自然と話せるようになったとしても、ある程度の年齢になれば、耳で聞くだけで自然に・・・

・・・というのはさすがに難しくなります。

 

日本人には日本人に適した勉強方法があるんです!

大人には大人に適した勉強方法があるんです!

 

 

実は、それこそ学校の英語・受験の英語なんです!

 

私が何よりの証拠です。

 

私は大学生まで日本の学校の英語・受験英語でしか英語を学んでいませんでした。

 

多くの日本の学生と同じように、英語での会話は、ろくにできない状態だったのです。

 

そんな私が、大学卒業後に単身渡米し、アメリカの大学院でMBAを取得しました。

短期間で、大学院の講義を聞いたり、質問したり、レポートや論文が書けるような「通じる」英語力を身に付けられたのは、まさに学校英語・受験英語のおかげです。

※詳しいプロフィールはこちら

 

だから、胸を張って、声を大にして言いたい!

 

学校英語・受験英語は役に立つのです!

 

「通じる」英語こそあなたの目的ではないですか?

きっとあなたもこれまで学校で、受験勉強で、英語を学んできたはずです。

 

それでも、もしかしたら、

 

自分はまともに英語が話せない、自分は英語ができないと思っているのかもしれません。

 

学校の英語はダメだ!

受験英語は使えない!

 

・・・なんて皆が言ってるから、余計に自分の英語の勉強はムダだと思っているかもしれません。

 

英語が話せるようになるには、高いお金を払ってネイティブのいる英会話スクールに通わないといけない、留学でもしないと無理、小さいうちから勉強してるかインターナショナルスクールに通わないと難しい、そんな風に思ってしまうかもしれません。

 

でも、大丈夫。

 

あなたがやってきた(今やっている)英語の勉強は決して無駄ではないのです。

 

ただし、そのままではダメです!

学校の英語・受験の英語だけでは、大事なポイントが抜け落ちているからです。

 

よく言われる、学校英語・受験英語が役に立たないというのは、半分ホントで半分ウソ

 

でも、あるちょっとしたポイントをおさえれば、あなたが学校で習ったり、受験で身につけた英語は、ちゃんと「通じる」実用的なものになるのです!

 

どうですか?

 

それなら、もう1回英語を勉強し直してみようかなって思いませんか?

 

これまでの英語の勉強をしっかり活かして、本当に実用的な「通じる」英語を身につけてみませんか?

 

 

※具体的な内容は、当サイトの記事やメルマガ講座にてお話していきますので、気になる話題のものからお読みください。

 

私たちの使命は、学校の英語教育に足りない部分を補うこと

このサイトの役割は、

学校で習う英語・受験勉強の英語が実は役に立つものだということ
学校・受験英語を役に立つものにするためのポイント

 

それらを伝えることです。

 

ぜひ、あなたの英語力をUPさせるために当サイトをご活用ください。

 

通じる英語・実用的な英語力をUPさせたいあなたにとって、より良い情報提供をしていきたいと思っています。

 

ぜひ、当サイトの記事の内容等についてご意見・ご感想をお聞かせください。

あなたの英語学習の悩みや疑問などをお聞かせください。

 

どんなに小さなことでも構いませんので、お気軽にメッセージを送ってください。

あなたの「声」にお答えできるような内容も積極的に発信していきます。

 

サイト内では公開できない話、より「濃ゆい」話を聞きたい方は、ぜひ「メルマガ講座」に参加してみてください。

現在、英語の学習に役立つワンポイントレッスン動画を参加者全員に無料でプレゼントしています!

詳細は↓こちら↓

■無料プレゼント中のワンポイントレッスン動画

①「How are you ?」に対するネイティブが使う正しい答え方
②日本語にはない英語独特の発音について

あなたの英語学習におけるお悩み・疑問点・失敗談などお聞かせください!

アンケートにお答え頂いた方には、もれなくあなたの英語力UPに役立つ教材をプレゼントします!

アンケートは↓こちら↓

アンケートにお答えいただいた方には、ワンポイントレッスン動画「英語恐怖症克服法」を無料でプレゼントします!

いざ英語を話してみようと思っても初めはとても緊張するし、恐いと思います。

そんな時にどうすれば良いのか、役立つ方法をかんたんにレクチャーしています。

ぜひ、メルマガ講座のレッスン動画と合わせてお受け取りください!