百人一首 -好きな和歌を選んで鑑賞カードをつくろう!-

2016-01-28


百人一首 -好きな和歌を選んで鑑賞カードをつくろう!-

小倉百人一首の中から好きな和歌を選び、鑑賞カードにまとめるというシンプルな実践です。
最近は、小学校でも中学校でも百人一首をつかった「競技かるた」をやる機会があるようです。
(私の時代はなかったな・・・)
学習指導要領が変わり、小学校でも「古典」に親しむ機会を増やそうという「伝統的言語文化」を
重視する姿勢の表れなのでしょうか。
「古典」は音読や素読などが有効だと言われているので、古文法とか意味などをいじくり回す前に、
音やリズムを意識して身近な物としていくのが良いですね。
特に、日本語は「五・七・五」のリズムは生活の場面でもさまざまなところで耳にするものです。
だから、日本語の理解という意味でも、和歌のリズムに体を慣らせておくというのは有効だと考えます。

みなさんは、好きな和歌ありますか?

【小学生の作品】

百人一首-好きな和歌を選んで鑑賞カードをつくろう!|横浜の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室
(鑑賞した和歌)
 ■秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ(天智天皇 1番)
 ■朝ぼらけ有明の月と見るまでに吉野の里に降れる白雪(坂上是則 31番)
 ■ひさかたの光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ(紀友則 33番)
 ■夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月宿るらむ(清原深養父 36番)

百人一首②-好きな和歌を選んで鑑賞カードをつくろう!|横浜の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室
(鑑賞した和歌)
 ■春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山(持統天皇 2番)
 ■嵐吹くみ室の山のもみぢ葉は竜田の川の錦なりけり(能因法師 69番)
 ■浅茅生の小野の篠原しのぶれどあまりてなどか人の恋しき(参議等 39番)
 ■いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな(伊勢大輔 61番)



作文・小論文系作品一覧ページへ

生徒作品一覧ページへ

TOPページに戻る



                 
Copyright(c) 2012 Learning-Labo by STcommunity All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme