「総合学習」再評価!?

2014-05-08


本日2014年5月8日(木)、読売新聞朝刊15面に注目。

「探究活動 学力に好影響」

という見出しで「総合学習の再評価」というタイトルで解説記事が載っていました。

みなさんご覧になりましたか?

最近の教育の流れは、かつてのいわゆる「ゆとり」を脱して、教科書内容や学習時間を増やそうという路線です。

さらにいえば、現行(平成20年版)の学習指導要領では、前(平成10年版)の指導要領から引き継いだ「生きる力」が大きなテーマとなり、「思考力」「判断力」「表現力」が基幹となる学力としています。

「ゆとり」と聞けば、非常にネガティブな印象を持たれる人も多いと思います。

「ゆとり」政策は学力低下を引き起こしたものとしてのイメージが強いように思います。

そうした「ゆとり」政策下での学力低下原因として「総合学習」が挙げられることもあるようです。

「総合学習」は、教科書やカリキュラムが明確にあるわけではなく、様々な活動はするが、実際にはあまり実りがないような印象に受け取られてきたきらいもあります。

そうした活動よりも教科の学習をした方が良いのではないかという気持ちが依然として強くあるわけですね。
だって、学力テストなどは教科毎に行われますから、そうしたテストで結果が出ないと、真面目な日本人はやっぱりその結果を改善しようとするわけです。

一番手っ取り早り対策は、やっぱり教科の、しかもテストに出そうなことを学習する「テスト対策」「テストのための学習」です。

それ自体は、ある意味で仕方がないとも言えます。

だってそうした評価(テスト)がある以上、そこでの結果が注目されてしまうのは当然と言えば当然です。

ただし、この記事では、その学力低下の槍玉に挙げられることもある「総合学習」が、実は学力向上に効果があるということがわかってきたということが解説されているんですね。

ちょっと前までこうした「ゆとり」下で行われてきたことを否定的に見てきた人にとっては意外かもしれませんが、これもある意味当然と言えば当然のことなんですね。

何で当然なのか、それはあとで述べるとして、この一連の流れは、日本の教育・教育問題を考える、ひいては日本人の思考について考える上でも大変特徴的な様相をしているように思います。

くわしくはブログに書きましたので、そちらをご覧ください。
学習塾ラーニング・ラボスタッフブログ
★【記事その1】「総合評価の再評価-ゆとりは何が失敗だったの!?」
★【記事その2】「やっぱり大事な勉強はこれでしょ!?」

「ゆとり」教育の問題・日本の教育問題については、いろいろと参考になる本がありますが、
↓これ↓はちょっと刺激的な内容でおもしろいと思います。ぜひご一読下さい。


                 
Copyright(c) 2012 Learning-Labo by STcommunity All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme