『小学生が携帯電話を持つこと』(小学生作品)

2013-10-31

当塾オリジナル授業「基礎講座」(5日間の特別講座)にて実施した「意見文」の授業にて作成された作品です。
ぜひお読み頂き、ご感想をお聞かせください。
他者との交流は自分をふりかえるきっかけとなり、次の表現活動の原動力となります。
よろしくお願いします。

『小学生が携帯電話を持つこと』(小学生の作品)

 小学生が携帯電話を持つことは良いことだと思います。なぜなら役に立つし便利なものだからです。
 たとえば、携帯電話は遠くの人とメールや電話が出来るし、いろいろな事が調べられます。しかもカメラ付きで、ゲーム機や音楽プレーヤーが何もなくても、ゲームや音楽が楽しめます。
 さらに、お母さんに居場所をGPSで伝えられるし、子供用の携帯には、防犯ベルがついています。
 このように、携帯電話は、とても便利で使いやすくて、安心安全です。
 ただし、小学生が携帯を持つと、知らない人から電話やメールの着信があり、事件などにまきこまれてしまったり、事件にまきこまれることがあります。けれども、知らない人から連絡が来ないように設定しておけば大丈夫です。
 このように考えると、安全に使っていれば、小学生も携帯電話を持っていて良いと思います。

※「作文」「読解力」の向上には、当塾オリジナル「基礎講座」の受講をおすすめします!
 基本的な文法指導から文章読解指導、さらに作文指導まで様々な言語表現活動を通して、
 社会で生きるために活きて働く力としての「ことばの力」を育成します。
※ご興味・ご関心のある方は、お手数ですが、まずは、親子で一緒に受講できる「無料体験
 授業」をご受講下さいますでしょうか?
 お申込み・お問い合わせ等はこちらのメールフォームからお願い致します。

作文・小論文系作品一覧ページへ
生徒作品一覧ページへ
TOPページに戻る



                 
Copyright(c) 2012 Learning-Labo by STcommunity All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme