Archive for the ‘季節講座/特別講座’ Category

受験対策講座2013

2013-08-30

↓受験対策講座2013詳細はこちらのPDFにてご確認ください↓
 受験対策2013

↓受験対策2013(直前対策講座)についてはこちら↓
 受験対策2013(直前講座)

※↓冬期特別講座についてはこちら↓
 「冬期特別講座」概要ページ

さて、8月最後の週末ですが、みなさんはどのように過ごされますか?

わたしたち学習塾ラーニング・ラボでは、9月から土曜日を使って『受験対策講座』を実施致します。

すでにお聞き及びの方もいるかとは思いますが、改めてWeb上でも告知致します。

少し差し迫った日程で恐縮ですが、9月7日(土)から開始します。

12月までは「基礎編」として、土曜日の講座は理科・社会に特化した講座となります。

それ以外の教科は塾生は通常の教科別講座にて受講される方が多いので、そちらでの対応となります。

塾外生の方で『受験対策講座』のみの受講をお考えの方で、英語、数学、国語も受講をお考えの方は別途のご案内となります。

お気軽にご相談下さい。

↓受験対策講座2013詳細はこちらのPDFにてご確認ください↓
 受験対策2013

↓受験対策2013(直前対策講座)についてはこちら↓
 受験対策2013(直前講座)

※↓冬期特別講座についてはこちら↓
 「冬期特別講座」概要ページ

前回の入試から、選抜制度も学力検査(テスト)も大幅に変更されたことはすでにご存じかと思いますが、学力検査に関しては、いずれの教科でも引き続き「思考力」「記述力」が問われるようになる予定です。
つまり、「記述問題」が多くなるということです。

当塾では、以下のような形で主要5教科の受験対策を実施致します。

基礎講座」(通常授業)・・・・全教科にかかわる「思考力」「記述力」の養成
                面接試験にかかわる「ことばの力」の養成
                (面接シート/口頭試験対策)
                「国語」
教科別講座」(通常授業)・・・「国語」/「数学」/「英語」
「受験対策講座」(特別講座)・・「理科」/「社会」

これまでの神奈川県の入試問題は、多肢選択式の問題ばかりで、かなりパターン化(画一化)した問題でした。
ですから、直前に傾向にそったパターン演習をくり返すことで、それまでの学習の蓄積があまりなくても対応することができてしまう人も多くいました。
しかし、「思考力」「記述力(表現力)」とは、一朝一夕で身につくものではありません。
現中3生はもちろん、中学2年生、1年生の皆さんも、受験はまだ先のことだから、と言ってはいられないでしょう。
「思考力」「記述力」というものはある種の「習慣」ですから、意識しなくてもできる、という状態にまでなっていなくは本当にその力が身についたとは言えません。
しかも、この「思考力」「記述力(表現力)」は、入試においてのみ必要なものではなく、むしろ、日常の生活や学習においても大変重要なものです。
つまり、「自分で考え」「その自分の考えをコトバで表す」ということは、社会生活において不可欠な力なのです。

入試で問われるから準備する・・・
これも一つの動機かもしれません。
しかし、本当は入試で問われなくてもとても大切なものなのです。

受験対策として、こうした力に目を向けてみた方。
もともとこうした力を育てていきたいとお考えの方。
どんな方でも私たちは大歓迎です。
一緒に「考え」より良い学びを拓いて、より成長した自分を「表現」していきましょう。
私たちにはそのお手伝いをする準備があります。

ご興味・ご関心のある方は、まずは「基礎講座」無料体験授業にご参加下さい。
ご不明点・お申込み等はお気軽に教室までお電話またはメールにてご連絡下さい。

神奈川県公立高校入試情報ページ

◆TOPページに戻る◆

【参考資料】
※平成26年度神奈川県公立高等学校入学者選抜については以下の資料をご覧ください。

入試制度改定について(神奈川県教育委員会HP)
H26年度神奈川県公立高等学校の入学者の募集及び選抜実施要領(神奈川県教育委員会HP)
H26年度神奈川県高校入試選抜選考基準(神奈川県HP)
H26年度神奈川県高校入試・特色検査の概要(神奈川県HP)

※PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
お手持ちのPCにインストールされていない場合は、以下のバナーからAdobe Readerを
ダウンロードして下さい。(無料)



公開講座終了!

2013-07-19

もうかれこれ2週間近く経ってしまいますが、

7/7(日)に公開講座最終日程を無事終えたので、授業の振り返りをしたいと思います。

改めまして、参加して下さった方、講師を務めてくださった記者の方、

本当にありがとうございました。

このような講座は、キャリア教育などの観点からも大変有益なことだと思うので、

今後も実施していきたいと思っています。

その時は、また多数のご参加をお待ちしております。

あ、逆にリクエスト頂くのも良いですね。

「こういう講座あったら参加してみたいな」

という感じで。

何か妙案ある方はぜひそのお知恵をメッセージにてお願いします。

さてさてその公開講座、今回は「記者体験」

現役の記者の方が講師を務めてくださり、

日頃のお仕事にまつわるクイズや実際に記事作成のポイントなどを

レクチャーして下さいました。

最初は「写真」について。

実際に記事に使われた写真とボツになった写真。

いくつかの写真をならべて、記事の文章と見比べて…

「どれが実際に使われた写真でしょうか?」

「う~ん…けっこう難しいな」

とはじめはよく分からなかった人も、講師の先生の解説を聞いて納得。

「なるほど。そういう観点で写真を選ぶんだ!」

続いては「見出し」について。

実際に記事に使われた見出しといくつかのダミー見出しを並べて…

「どれが実際に使われた見出しでしょうか?」

「う~ん…これもけっこう難しいぞ」

「これかな」って選んだものがけっこう違ったりするんですね。

見出しってのはちゃんとルールがあるので、それに沿って作ってあげなくちゃいけない。

でも、そのルールがわかり、ポイントが分かると、参加者の皆さん、

本当に素晴らしい見出しをポンポン作ってしまわれた!

現役記者も真っ青な作品の数々。

人って本来的にみんなそういう発想力、ちゃーんと持ってるんですね。

特に、こうやって楽しんでいるときは、余計に冴えわたっているのかも。

わたしも、記者の先生も大変感心しました。

「見出し」作りというのは、作文などのタイトル付けと同じことですし、

また、長い文章の究極の「要約」と言ってもいいですね。

しかも、記事の場合は、その見出しの出来如何で、

記事そのものが見てもらえるかどうかということまで左右するというのだから、

それは、それは気を使うのでしょう。

自分の作文の場合などはそれほど気にする必要はないかもしれませんが、

でも文章表現においては、題名というのも大変重要なものです。

今回の授業では、そうした普段に自分の文章表現においても有益なお話をして頂けました。

さてさて、最後は「記事作成」。

今日学んだ「写真」「見出し」の話を活かして、

自分で「写真」を撮って、「見出し」を作って、「記事」に仕上げる。

…と、いってもその場で取材なんて出来ないし・・・どうしよう・・・・・・

!!!!!!!!!!!!!!!!!

十分できるじゃないですか、取材。

その場には、何人も人がいるわけですから、その人たちを取材すれば良いんだ。

…というわけで、参加者同士が取材し合い「人物紹介記事」を作成することにしました。

といっても、いきなり「取材して下さい」となっては、混乱必至。

参加者の方には、まず自分のプロフィールを簡単に書きまとめてもらいました。

それを参加者同士で交換して、それをもとにそれぞれ相手の紹介文を記事風に書くという実践。

お友達同士、ご家族で、それぞれわきあいあい、

「へぇ~、○○が好きだったんだー」

「これって記事にしちゃっていいの?」

などなど、楽しそうな会話とともに、みなさんサクサク文章を書き進めてくれました。

当塾では、「作文講座」などを実施しておりますので、

作文が苦手という方がいらっしゃいます。

そうでない方でも、お話を聞いていると多くの方が

「作文は苦手」「作文は嫌い」「何を書いていいか分からない」

などとお声を頂戴します。

でも、みなさん楽しそうに、もちろんどう表現しようか悩みながらですが、

それでも順調に筆が進んでいました。

「作文が苦手、嫌い、だなんて嘘じゃん」

きっと訳も分からず「書かされる」だけの作文教育が嫌なだけなんでしょうね。

こうして「書くこと」にはっきりとした「目的」があって、

はっきりとした「相手」がいて、

それが心躍る楽しい話題だったり、大好きな誰かだったりすれば、

人はその思いをコトバに載せて届けよう、いや「届けたい!」と思うんですね。

もちろんそうした時に、どのように表現すればよりその思いが伝わるのか、

それについてはぜひとも学んでおいてほしいですが。

だから作文指導を受けるのも大切なことですよ。

ともあれ、楽しく文章を書くというのは大変素晴らしい行いだということを

改めて知ることができた機会となりました。

記者の方には、後日その場で撮った写真と文章を記事風に作品として仕上げて頂きました。(これとっても良い記念になるものです。自分が作ってもらいたいくらい)

完全に個人情報なのでここでご紹介できないのが残念ですが、どれも素敵な作品となりました。

さてさて、次回はどんな「公開講座」でお目にかかるのでしょうか。

乞うご期待ですッ!!

ひとまず夏休みの「作文」「読書感想文」などに苦戦を強いられそうな方は、

ぜひ「夏期特別講座」を!

文章の読み書きについて簡単だけど、大事な部分からレクチャーし始め、

最終日にはきちんとした作文を書いてもらう5日間連続のスペシャル講座です!

算数・数学の「文章題特訓講座」も同時開催しています。

夏期特別講座2013についてのページへ

TOPページへ戻る


夏期特別講座2013

2013-06-23

↓※今年(2014年)の夏期特別講座についてはこちらをご覧ください↓
夏期特別講座2014|横浜天王町の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室
 

 

 

2013年度の夏期特別講座を開催致します。

昨年ご好評頂きました当塾の「夏期特別講座」。
今年も昨年同様「基礎講座」から一部の内容を取り出した

①「作文・読書感想文書き方講座」
②「文章問題特訓講座」

の2本立てで開催致します。
夏休みの間に当塾のグループ授業を気軽に体験して頂けます。

長い夏休み。
楽しみながらも「タメになる」学びの機会としてぜひご活用ください。

なお、教科毎の学習も個別学習にて受講可能です。
学校の授業がなくなるお休みの期間に予習復習の機会としてご活用いただけます。
なお、中学生は休み明けの定期試験対策としてもご活用いただけます。

ご案内の資料(PDFファイル)をご覧頂けるようにしております。

※夏期特別講座は人数に限りがございます。
ご興味・ご関心のある方はお早めにお問合せ下さい。
体験授業や学習相談等ご希望の方も、まずはお電話またはメールにで教室までご連絡お願い致します。

【夏期特別講座2013資料(PDFファイル)】
夏期特別講座2013資料①
夏期特別講座2013資料②

※現在ご案内中の「特別公開講座」もぜひ。
(公開講座は終了しました!次の機会にぜひご参加ください)

TOPページに戻る



無料公開講座開催!!

2013-06-06

ラーニング・ラボの新たな試みとして、公開講座を開催することになりました!

その名も、「新聞記者体験公開講座」!!

現役の記者が講師を務め、簡単な記事作成や見出しクイズ、伝わりやすい写真の撮り方などを、ゲーム感覚で体験できます。

プロの仕事に触れることで将来の仕事について考えるきっかけにしていただけます。

今回の内容は作文などの学習にとっても大変有効なものです。
作文などの表現活動に自信がない方もぜひ「楽しみ」ながら「学び」ましょう!

《概要》
◎日時◎
6/22() 23() 29()
7/6() 7()

①13:00〜15:00  ②16:00〜18:00
※全日とも上記2つの時間帯で実施します。
※各回とも6名様限定です。先着順となりますのでお申込みはお早めに!

◎講座内容◎
・記事の作成
・「見出し」クイズ
・伝わりやすい写真の撮り方 など。

◎会場◎
学習塾ラーニング・ラボ 横浜天王町教室

◎対象◎
小学4年生〜高校生
※保護者同伴可

◎費用◎
無料

お申込みは各開催日の2日前までに以下のフォームまたは電話(☎045-337-3155)でお願いします。

今回の公開講座はすべて終了いたしました。
またの機会にぜひご参加下さい。

講座終了後のアンケートは「生徒・保護者の声」に掲載してございます。
ご興味のある方は「生徒・保護者の声」からご覧頂いてもよろしいでしょうか。
よろしくお願い致します。

TOPページに戻る


春期講習について

2013-02-15

春期講習を以下の概要にて開催致します。

entrance-shunki

■日程
 3月20日(水)~4月5日(金)
 ※時間等具体的な日程は、ご希望日時の調査をした上で調整致します。

■対象
 新小学4年生~新高校3年生
 ※それ以外の学年の方はご相談下さい。

■授業内容
 現学年の総復習+次学年の予習
 ※学習は積み重ねが大事です。
  現学年の積み残しはあとあとまで響いてきます。
  よって、予習もおりまぜますが、復習中心に行います。
 
 ※作文等の特定の学習課題の克服をされたい方は、
  別途ご相談下さい。
  当塾オリジナルの「基礎講座」の受講をおすすめしています。

■受講料
 小学生:4コマ(1コマ70分授業) 8,500円
 中学生:4コマ(1コマ70分授業) 9,500円
 高校生:4コマ(1コマ70分授業) 12,000円

 ※授業は1教科につき4コマ以上での受講となります。
 ※4コマ以上の受講料については教室までお問合せ下さい。

■教材費
 小学生・中学生 1教科につき800円
 ※対象学年以外の学年および高校生は別途使用する教材により決定します。

■お申込み方法
 まずはお電話またはメール、本サイトお問合せファームにてお問合せ下さい。
学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室 連絡先

 ご受講内容についてお話を伺った後に、申込書・日程希望調査票をお渡し致しますので、
 必要事項をご記入の上教室までご提出いただければ、申し込みは完了です。
 追って、日程調整が完了し次第、日程をお知らせ致します。
 予定表にそって当日の授業をご受講頂きます。

ご不明点・ご質問等はお気軽に教室までお電話またはメール等にてお問合せ下さい。

TOPページに戻る

 
 


受験(直前)対策講座を開催します!

2012-11-09

2012年9月6日からスタートしております「受験対策講座」。
来月12月で「基礎編」が終了します。

年が明けて2013年1月より、現在の「理科」「社会」に
「英語」「数学」を加えた4教科で、より実践的な対策を行います。

また、学校の授業の進捗状況によっては、まだ未修得の学習事項がある方もいると思われます。
そのような方には12月19日から「冬季特別講座(中3受験生向け)」を開催します。
※その他の学年、受験生ではない中3生には、別途「冬季特別講座」を開催しますので、これまでの総復習の機会としてぜひご活用ください。詳細はこちらでご確認下さい。

【受験(直前)対策講座】
日程:1/5~2/9の毎週土曜日
   1日4コマ×6日=全24コマ
時間:①13:00~ 
   ②14:20~ 
   ③15:40~ 
   ④17:00~ 
教科:英語・数学・理科・社会
   ※国語および面接対策に関しては「基礎講座」の受験生クラス授業内にて対応
    致します。
内容:神奈川県公立高校入試学力検査対策
   ※本番の学力検査を模した総合的な問題演習と解説を通して、より実践的な力
    の育成を目的とします。
受講料:48,450円(税込・教材費込)

【冬季特別講座(中3受験生向け)】
日程:12/19・12/21・12/25・12/26
   1日2コマ×4日=全8コマ
時間:①13:40~
   ②15:00~
教科:英語・数学 
   ※その他、特に「理科」「社会」に関してはご相談下さい。
内容:中学校での未修得事項の習得
   英語:関係代名詞・間接疑問文・不定詞(疑問詞+to~など)など
   数学:相似・三平方の定理など
受講料:15,950円(税込・教材費込)

TOPページに戻る



冬季特別講座開催!

2012-11-09

12月19日(水)~1月9日(水)の期間で「冬季特別講座」を下記の要領で開催致します。

【冬季特別講座】
期間:12/19~2013/1/9(12/27~1/4は年末年始休業)
   ※授業日時はご希望(受講不可能日時)を伺った上、個別に設定してご案内致します。

対象:小学3年生~中学3年生
   ※高校生は別途ご相談下さい。

教科:小学生―国語・算数
   中学生―国語・数学・英語
   ※その他の教科(理科・社会等)の受講希望がある場合はご相談下さい。

受講料:小学生 4コマ 7,800円(税込)
    中学生 4コマ 9,500円(税込)
    ※1教科4コマを基本単位としております。
     4コマ以上の受講も可能です。

教材費:1教科 800円(税込)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2012年ももう残り2か月を切りました。
後期(年度後半)に入り、学習内容も各学年濃くなってきているのではないでしょうか。
中学生の皆さんにとっては、苦手な人の多い「関数」や「図形」の内容に入り、実際苦戦している人もいるのではないでしょうか。
英語では「3単現」や「不定詞」「比較」などなど内容盛りだくさん。
直近のテストを何とか乗り切ったとしても、そのまま放置してしまっては、すぐに忘れてしまうでしょう。
学習は日々の積み重ねが重要。
今の学習は次の学習に、今年度の学習は来年度の学習にとって大切な基盤となります。
建築物もそうですが、基盤となる基礎がどっしり、しっかりしたものでなければ、その上に立派な建物は建てられません。
無理やり建てられたとしても、いずれ何かの拍子に崩れ去ってしまうかもしれません。

・・・というわけで、今回冬の時期には日々の「教科別学習」のための学習機会を提供したいと思います。
夏は「作文・読書感想文講座」などの特別講座を開催しましたが、年末年始はたいへん短いお休みなので、そうした作文などの講座は通常の「基礎講座」で継続的に学習をしておりますので、ご興味ご関心のある方は、ぜひ「基礎講座」をご受講下さい。

中3生(受験生)に関しては「冬季特別講座(中3受験生向け)」をご利用ください。

TOPページに戻る


「受験対策講座」開催!

2012-08-16

2013(平成25)年度神奈川県公立高校入試に向けて、「受験対策講座」を開催致します。

現在、近隣のみなさまに向けてアナウンスを開始できるよう準備中ですが、本サイトではいち早くご案内したいと思います。

詳細は以下のリンクからPDFファイルを開いてご覧下さい。

受験対策講座のご案内

夏休み明けすぐは多くの学校で定期試験があると思います。
よって「受験対策講座」は9月第2週の土曜日(8日)から毎週土曜日に開講致します。
本講座は通常授業の「基礎講座」と同様、小グループ制の学習スタイルを採用しています。
個別学習での受験対策をご希望の方には個別指導にてご案内申し上げます。

なお、本講座では、日頃定期的に授業を受講することが少ない、「理科」と「社会」に集中した講座です。
通常の授業で受講していることが多い「国語」「数学」「英語」に関しては、通常の授業にて個々に対策を行っていきます。

今回の入試から、選抜制度も学力検査(テスト)も大幅に変更されることはすでにご存じかと思いますが、学力検査に関しては、いずれの教科でも「思考力」「記述力」が問われるようになる予定です。
特に、神奈川県教育委員会が発表した予想問題では、「社会」の記述問題がかなり難易度が高いものになっています。

当塾では、以下のような形で主要5教科の受験対策を実施致します。

基礎講座」(通常授業)・・・・全教科にかかわる「思考力」「記述力」の養成
                面接試験にかかわる「ことばの力」の養成
                (面接シート/口頭試験対策)
                「国語」
教科別講座」(通常授業)・・・「国語」/「数学」/「英語」
「受験対策講座」(特別講座)・・「理科」/「社会」

これまでの神奈川県の入試問題は、多肢選択式の問題ばかりで、かなりパターン化(画一化)した問題でした。
ですから、直前に傾向にそったパターン演習をくり返すことで、それまでの学習の蓄積があまりなくても対応することができてしまう人も多くいました。
しかし、「思考力」「記述力(表現力)」とは、一朝一夕で身につくものではありません。
現中3生はもちろん、中学2年生、1年生の皆さんも、受験はまだ先のことだから、と言ってはいられないでしょう。
「思考力」「記述力」というものはある種の「習慣」ですから、意識しなくてもできる、という状態にまでなっていなくは本当にその力が身についたとは言えません。
しかも、この「思考力」「記述力(表現力)」は、入試においてのみ必要なものではなく、むしろ、日常の生活や学習においても大変重要なものです。
つまり、「自分で考え」「その自分の考えをコトバで表す」ということは、社会生活において不可欠な力なのです。

入試で問われるから準備する・・・
これも一つの動機かもしれません。
しかし、本当は入試で問われなくてもとても大切なものなのです。

受験対策として、こうした力に目を向けてみた方。
もともとこうした力を育てていきたいとお考えの方。
どんな方でも私たちは大歓迎です。
一緒に「考え」より良い学びを拓いて、より成長した自分を「表現」していきましょう。
私たちにはそのお手伝いをする準備があります。

ご興味・ご関心のある方は、まずは「基礎講座」無料体験授業にご参加下さい。
ご不明点・お申込み等はお気軽に教室までお電話またはメールにてご連絡下さい。

◆TOPページに戻る◆



まだ間に合います!作文講座!!

2012-08-06


作文・小論文にご興味・ご関心のある方は、
まずは「基礎講座」無料体験授業にご参加下さい。

↓通常講座「基礎講座」についてはこちらをご覧ください↓
当塾オリジナル授業「基礎講座」概要

ご不明点・お申込み等はお気軽に教室までお電話またはメールにて
ご連絡下さい。

↓※今年の夏期「作文講座」についてはこちらをご覧ください↓
夏期特別講座2014|横浜天王町の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室

暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしですか?
今日は一時雨が降ったりもしていましたが、気温が下がるわけでもなく、むしろ湿度があがり不快な一日でした。

そんな厳しい陽気の日々ですが、生徒の皆さんは元気よく夏期特別講座を受講してくれています。
サイトの更新が遅れてしまいましたが、夏期特別講座第1期は無事に終了し、現在第2期に突入。
本日は夏期特別講座第2期の3日目の日程がもう間もなく終了というところです。

当塾としてははじめての夏。
今回は、夏休みの宿題でよくある「作文」「読書感想文」に焦点をあてて、「作文の書き方講座」を開催しております。
また、苦手な人の多い、「文章問題特訓講座」も同時開催しております。
両者とも当塾が大切にしている「ことば」や「論理」という部分で共通のテーマとなっています。

生徒さんに話を聞くと「作文」は夏休みの宿題として定番となっていて、普段も行事などのふり返りの感想文を書いたりもしているとのこと。
ただ、「書き方」というところまではきちんと教えてもらっていないということも多いようです。
だからでしょうか、何となく苦手意識を持っている生徒さんも多いように思います。

みなさんはいかがですか?
作文が苦手ですか?
作文の書き方、教えてもらったことはありますか?

そうした状況もあり、当塾では、そんな生徒さんに向けて、もちろん書くことが得意・好きだという生徒さんのためにも、文章をどんな風に書いていけば良いかということにテーマを絞った講座を開くことにした次第です。

作文の勉強では、「添削」というのが指導としてよくあるものですが、
あくまでその指導は書いた後の作業です。
作文が書くのが苦手という人は、まずどう書いていこうかという部分が不明確なのですから、いきなり「〇〇〇というテーマで作文して下さい」と言われてもなかなか難しいのではないでしょうか。

当塾の作文講座では、一文の成り立ちなどの文法事項のレクチャーからはじめ、文章の流れ(展開・構成)の話をふまえて、書く前の準備の部分を解説していきます。
そうした書くための前提となる準備作業の時間を十分にとってから作文を書いてもらいます。
ちなみに、作文を書く前の準備段階で、全6回中の4回分が割り当てられています。

さらに書いた作文を批評して、より良い作品に仕上げてもらうところまでをサポートしているのも当講座の特徴です。
作文を書いて、先生に添削してもらって、書き直して・・・
という作業をくり返していくのもひとつですが、もしかしたらその作業では気付いたら自分の文章ではなくてほとんど先生の文章になっていた、なんてことになる可能性もあります。
自分で文章を書き、自分でより良いものに直す姿勢や方法が身についていかなければ、結局誰かに代わりに文章を書いてもらうのとそれほど変わらないことになってしまうかもしれません。
児童・生徒・学生のうちはそれでも良いのかもしれませんが、将来的に「自分の文章」が「自分で書ける」ようにならなくては、使える知識・技術を習得したとはいえないでしょう。
・・・というわけで、単に「書く」というだけでなく、「批評」までも視野に入れて、そのためのポイントをいくつかレクチャーします。

と、このようにコトバにすると人によってはすごく難しいことをやるように思ってしまうかもしれませんが、ご安心ください。
第1期は小学生が受講してくれましたが、最終的には実に見事な「意見文」を書きあげてくれました。
現在、清書をしてからの最終的な提出を待っているところですが、後日生徒さんの作品をご紹介したいと思っています。

長々と書いてしまいましたが、作文に不安のある方、あるいは夏休みの宿題で作文の課題が出されている方、なかなか自分の力だけでは解決できそうにない方。
今ならまだ間に合います。
当塾夏期特別講座は、8/21(火)からが第3期日程ですので、上記のような方は是非一度お問合せ下さい。
現段階であれば、日程に少し余裕がありますので、特別講座の受講前に「無料体験授業」をご案内することも可能です。

◆夏期特別講座の概要はこちらをご覧ください◆

なお、作文・小論文にご興味・ご関心のある方は、
まずは「基礎講座」無料体験授業にご参加下さい。

↓通常講座「基礎講座」についてはこちらをご覧ください↓
当塾オリジナル授業「基礎講座」概要

ご不明点・お申込み等はお気軽に教室までお電話またはメールにて
ご連絡下さい。

↓※今年の夏期「作文講座」についてはこちらをご覧ください↓
夏期特別講座2014|横浜天王町の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室

◆TOPページに戻る◆



基礎講座体験授業

2012-07-09

↓※今年(2014年)の夏期体験授業・説明会についてはこちらをご覧ください↓
2014夏期体験授業・親子説明会|横浜天王町の個別指導・グループ指導横浜天王町の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室

 

 

 

先週末にご案内しておりました「基礎講座」の体験授業を開催致しました。
小中学生、その保護者さまにご参加頂きました。
ご参加下さいました皆さま、お忙しいなか誠にありがとうございました。

今回の体験授業では、今月末から夏休みということで、「基礎講座」と「夏期特別講座」の概要の説明を踏まえて授業の一部を体験して頂くという内容でした。
わずかな時間ではありましたが、「作文」特に「意見文」についての授業を行い、参加者の皆さんには400字程度の比較的短い作文でしたが、それでも2つも作品を書いて頂きました。
慣れない作業もあったとは思いますが、それでも懸命に取り組んで下さり、最初は戸惑いつつも、皆さん「全然書けない」という状況にはなりませんでした。

授業中にお話しを聞く限りでは、今回の参加者の皆さんは「作文」が好き、あるいは得意という方の方が少なかったのですが、それでも、こちらの提示にした「お題」に的確に作文することが出来ました。
授業後にご記入頂いたアンケートでも、授業を「楽しく」受けられ、授業が「ためになった」というご回答を頂きました。
その意味でも、今回の体験授業を参加者の皆さまそれぞれが実りある時間にして頂けたのではと、授業実践者としてはうれしく思っております。

また、今回は保護者さまには授業風景の見学ではなく、授業自体に参加して頂き、保護者の皆さまにも「作文」にトライして頂きました。
実際、生徒さんよりも保護者さまの方が戸惑っていらっしゃっる様子でした。

しかし、やはり保護者さまも一緒に参加して頂くことにして良かったと思っています。
というのも、作文をしながら、親子で「こういう言い方(表現)ってする?」「〇〇ってどういう字だっけ?」と共通の話題で会話が生まれ、共通の題材で書いた作文を親子で交流する・・・
そういった機会は日常ではなかなかないのではないでしょうか。
さらに、作文や会話などの力は日頃の言語や文化的な環境が大変重要な要素になります。
つまり、日頃のご家庭内での親子の会話など、言語的な表現活動についても見直しておかなければ、たとえ授業で学習しても、日常的に有益な「使える知識」として定着するのことはなかなか難しい場合があります。
その意味でも、今回共通の話題で、共通の作業をしてもらうことで、会話(学び合い)が生まれたというのは大変素晴らしいことのように思います。

それにしても、今回ご参加下さった皆様は大変優秀でした。
作文が好きではないという方でも、素敵な文章を綴っていました。
もしかしたら「何となく」の自信の無さや恥ずかしさのようなものが大きいのかもしれません。
実際に、授業後のアンケートでも「やってみたら意外と簡単で楽しく」書けたという回答もありました。

そうです。
書いてみたら「意外と簡単」「意外と楽しい」ものなのかもしれません。

当塾のモットーは、「楽しく」それでいて「役に立つ」学習を進めることです。

さぁ、あまり文章を書いたことがないという方、なのに、「自分は作文が苦手」「作文が嫌い」と食わず嫌いをしている方、一緒に、「楽しく」作文しませんか?

今後も定期的に今回のような体験授業を開催して行く予定です。
日程等決まり次第本サイトでも告知してまいりますが、ご興味ご関心のある方は教室までお問合せ下さい。

「体験授業を受けてみたいのですが、〇月〇日に実施しませんか?」

といったお声も大歓迎です。
当塾の日程調整が可能であれば、ご希望の日時で体験授業を開催させて頂きます。
(※ちなみに「基礎講座」はグループ授業なので、複数の方が一緒に参加した方がより実りある授業になりますので、
ご案内の都合上必ずしもご希望通りにいかないことがあります。その点予めご了承下さい。)

◆TOPページに戻る◆

 

 


« Older Entries Newer Entries »
                 
Copyright(c) 2012 Learning-Labo by STcommunity All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme