Archive for the ‘スタッフ 日記♪’ Category

面接シートの記入

2013-01-10

本日、「面接対策」と銘打って受験生と一緒に「面接シート」の作成を行いました。
「面接シート」なので、その先には当然面接試験があるわけですが、
試験のあるなしにかかわらず、これを機にこれまでの自分を振り返る、
さらに、これからの自分を想像してみるという大変重要な時間となります。

私も自分の中学校時代を思い出し、あるいは高校、大学、就職、大学院の進学など
人生の転機となった出来事などを思い浮かべ、とても素敵な時間を過ごせました。
懐かしくもあり、同時に、苦々しい思いもわき起こり・・・。
自分自身も今が発展の途上だと思っていますので、これまでの歩みやこの先の歩みに
同時に思いを馳せる機会となりました。

受験生当人にしてみれば「素敵」などと悠長なことを言っていられないかもしれません。
しかし、受験というある意味常に「前進」「成長」を強いられる時期に、
ふとこれまでの歩みを顧みたり、これからの自分の将来に思いを馳せるというのは、
やはり「素敵」な時間なのだと思います。
そうした思いの先に、具体的な行動(学習、面接対策など)があってこそ、
日々の歩みは将来につながるものになるし、何よりも、「今」が充実するのではないでしょうか。

参加してくれた受験生諸君にどう映っているのか、ホントのところはわかりませんが、
「強いられる」「受験期」だからこそ、本当に自分にとって大切なこと/ものに目を向け、
自分自身を成長させていってほしいと思います。

授業時間内だけでなく、その後も遅くまで残って取り組んでくれていたので、
きっとそうした思いの何割かは伝わっているのでしょう。

受験生諸君、お疲れ様。
そして、ありがとう。

もう少しこの闘いは続きますが、引き続き出来る限りの努力をしていこう。
私たちも全力でサポートします。

自分のためにする自分自身の努力は、たとえどんな進路を選択しようと、
どんな結果が出ようと、きっと君を支えてくれるものになるはずだ。
決して強くはないかもしれない。
しかし、しなやかに君を支えてくれるはずだ。

そうなるようにこそ、努力していこう。

【参考資料】
※平成26年度神奈川県公立高等学校入学者選抜については以下の資料をご覧ください。

入試制度改定について(神奈川県教育委員会HP)
H26年度神奈川県公立高等学校の入学者の募集及び選抜実施要領(神奈川県教育委員会HP)
H26年度神奈川県高校入試選抜選考基準(神奈川県HP)
H26年度神奈川県高校入試・特色検査の概要(神奈川県HP)

※PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
お手持ちのPCにインストールされていない場合は、以下のバナーからAdobe Readerを
ダウンロードして下さい。(無料)

※今年も「受験対策講座」を開催、通常の「基礎講座」と合わせて高校受験対策を実施中!
 詳細は各講座の紹介ページをご覧いただくか、教室まで直接お電話下さい。

TOPページに戻る


「プロ軽視の大衆社会」

2013-01-05

本日(2013年1月5日(土))読売新聞朝刊1面

プロ軽視の大衆社会

という見出しの記事に注目したいと思います。

読売新聞を定期購読されている方はぜひともお読みいただきたい記事です。

記事は、「専門家」の言うことは信用ならないという風潮が強まっているということから始まります。
「うのみにしない」というのならまだしも専門家を嫌悪して素人の感覚などを優先することに対しての危機感をあらわにしています。
記事では、民主党政権が実施した「事業仕分け」や医療におけるインフォームドコンセントを例に挙げ、その問題点などを指摘しています。

確かに、財政難の昨今、政治家や官僚の「ムダ使い」などが問題となってきていますが、あれもこれも短期的な効果・効率では測れない要素のものまで切り捨ててしまっては、本末転倒。
日夜私たちのあずかり知らぬところで、国益にために汗水たらしている政治家や官僚の方。
真面目に、真摯に国益のために動く彼らをまでも批判、だけでなく否定するのはどうなのか。
私たち自身も一度じっくり考えてみる必要がありそうです。

また、記事は最後に専門家とインターネットの口コミを比較しています。
確かに、インターネット上では膨大な情報が渦巻いているので、自分が知りたい情報に気軽に、手軽にアクセスすることが可能です。
しかし、やはり記事にある通りそれらの多くはもしかしたら「真偽も責任の所在も不明な言説」であります。
そうした誰が発したか、何を根拠としたかよく分からないコトバをうのみにしてしまうことは、それもまた多くの危険をはらんだものであると自覚しなければならないでしょう。
そうでなければ、記事にある通り「社会の思考力」が奪われていくことになってしまうでしょう。

ただし、だからといって専門家のコトバを全面的に信頼するべきだということではありません。
専門家のコトバや専門家によって導き出された「答え」は、しかるべき手続きの後に示されたものであれば、当然傾聴に値するでしょう。
私たち個々人ではなかなか取り組めない実験やデータ収集、思考の結果なのですから。
しかし、それは無批判に、何も考えずに上から下へとありがたく頂戴するものではありません。

それと同様、インターネット上のコトバも無批判に、多くの人がそう言っているからという理由で、受け取ってしまってはいけないものでしょう。

重要なのは、どちらの場合にしろ、あるいは両者をかけ合せながら、自分が思考するということではないでしょうか。

もちろん個人の問題だけでなく、社会の問題、多くの人が関わる問題は自分一人では「答え」が出せないものです。
しかし、だからといって個々人が自分で考えるということを放棄(誰かのコトバに無批判、無自覚に従う)して良いということではありません。

こうした問題についても、老若男女問わず、一度じっくり「自分で考えみる」と良いのではないでしょうか。
そうした「考える」オトナが増え、その周囲に「考える」コドモが増え、より良い社会の輪郭が見えてきたら、どんなに素敵なことでしょう。

私たちラーニング・ラボは、そうした「主体的」「論理的」に思考する社会的市民の育成のために、その基本となる「ことばの力」の育成に日夜励んでおります。
(励んでいるのは生徒の皆さんですが・・・。)
具体的には、「作文」「小論文」「論文」などの書き言葉による「表現力」の育成。
また、「スピーチ」「ディスカッション」などの話し言葉による「表現力」の育成。
その根底にあり、両者とともに広げ、深めるべき「思考力」の育成。
こうした課題を「基礎講座」というオリジナル講座にて受講生の皆さんと一緒に創っています。
少々お堅い話になってしまいましたが、単純に「作文」「小論文」などに不安を抱えている方、いわゆる「読解力」に不安を抱えている方は当講座の受講をおすすめします。
テーマは難しいですが、実践する作業は楽しいものもいっぱいあります。
ぜひ一度お気軽にご相談下さい。
親子同伴での体験授業も随時ご案内できます。

※ちなみに「専門家」についてより深く考えてみたい方は以下の著書がおすすめです!
 ぜひご一読下さい。

 ダン・ガードナー 『専門家の予測はサルにも劣る』飛鳥新社 (2012/5/23)
 ドナルド・ショーン『専門家の知恵』ゆみる出版 (2001/05)
 

TOPページに戻る


新年

2013-01-05

明けましておめでとうございます。
昨年は皆さまのご理解、温かいご支援を賜りまして誠にありがとうございました。
本年も昨年同様、皆さまのご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
また、塾生ならびに保護者の皆さま、ご家族の皆さま、お取引企業の皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

掲示物(新年)|横浜の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室

さて、新年最初の開校日となる本日は中学3年生を対象とした、「受験対策講座」を開講しております。
通常の授業は1月7日(月)から再開いたします。

いよいよ高校入試まで2か月をきり、今日も受験生諸君は真剣に学習を進めております。
私たちスタッフ一同も気合十分。
受験生ではない皆さまにとっても、これから学年末に向けて、今年度の学習の総決算の時期となります。
正月ムードを引きずらずに新たな気持ちで学習に励みましょう。

エントランス掲示物|横浜の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室

TOPページに戻る


年末年始休校のお知らせ(2012年)

2012-12-26

当塾は、下記の通り休校させて頂きます。

年末年始休校期間
12月27日(木)~1月4日(金)

1月5日(土)から通常通り開校致します。

お休み中のお問合せ・ご連絡等は当サイト「お問合せフォーム」をご利用頂くか、メールにてご連絡下さい。
なお、通常通りのご対応ができない場合もございますが、その点は予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

※「お問合せフォーム」はこちら
※メールアドレス
 l-labo(アットマーク:@)st-community.jp

皆さま、良いお年をお迎え下さい。

2013年の年末年始のお知らせはこちらです。

TOPページに戻る


タウンニュースに掲載されました!

2012-12-13

本日(2012年12月13日木曜日)の朝刊に折り込まれているタウンニュース(保土ヶ谷区版)に当塾が掲載されました。
新聞を定期購読されている方は、ぜひご覧下さい。

前回掲載して頂いた内容と関連しますが、今回は、当塾オリジナルの「基礎講座」内で実施した新聞を用いた学習(NIE)の一つを読者の皆さまへの「問題」として掲載して頂きました。

どのような内容可と言いますと・・・
くわしくはタウンニュースをご覧いただきたいのですが、
歴史上の事件を新聞調に記した記事を提示し、生徒にその記事の「見出し」を作成してもらうというものです。

今回は、実際の授業でも用いた坂本龍馬暗殺、いわゆる近江屋事件を新聞記事にしたものです。

なお、この問題の解答をお持ち頂いた方には、無料で体験授業をさせて頂き、かつ、入会された方には教科授業(個別学習)で使用するテキストを1冊プレゼントさせて頂きます。

最近学校でも話題の新聞を用いた学習(NIE)ですが、新聞の「見出し」を考える作業は、文章の「要約」をする作業なので、いわゆる「読解力」あるいは「表現力」の育成にうってつけ。
ご覧下さった方、入会するしないに関わらず、ぜひ皆さんの創った「答え」をお聞かせ下さい。

いろいろな方の「答え」を共有(交流)することも、また大変有益な学びの機会となります。

では、皆さんの「答え」を楽しみにお待ちしております。

タウンニュース掲載|横浜の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室   タウンニュース掲載(地図)|横浜の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室

新聞を定期購読されていない方は、タウンニュースWeb版にも掲載されておりますので、
そちらをご覧ください。
↓タウンニュースHP(当塾掲載ページ)↓
http://www.townnews.co.jp/0115/2012/12/13/168834.html

TOPページへ戻る


「ウォームビズ」

2012-11-23

当塾は、省エネの観点から夏季は「クールビズ」、冬は「ウォームビズ」を推進したいと思います。
みなさまのご理解・ご協力をよろしくお願いします。

環境省の推進する「チャレンジ25」の一環である「節電アクション」。
中でもすでに「クールビズ」や「ウォームビズ」はかなり普及してきていると思います。

(詳細はこちらで⇒http://www.challenge25.go.jp/

 

 

(ウォームビズについてはこちら⇒http://www.challenge25.go.jp/practice/warmbiz/warmbiz2012/

当塾は、この理念に賛同し、冬場は教室内温度を20℃で管理いたします。
(夏場の冷房設定は当然28℃です!)

寒さや暑さに対して敏感な方は、ご自身の健康問題でもありますので、
よく自分と対話をして下さい。
冬場は、必要があれば、一枚多く上着を羽織ったり、
一枚多くインナーを重ね着したりと工夫してみて下さい。

こうした活動に目を向けることは、日本の、さらには地球の環境問題、エネルギー問題に対して
今一度意識を向けるきっかけになります。
つまり、「節電」などの直接的な活動であるだけでなく、
これからの世代に対しての学習機会、学習材の提供になります。
むしろ強い問題意識を持ってもらう必要があるとも思っています。

決して「我慢」をするというようなネガティブなものではなく、
限りある資源やエネルギーの問題(地球環境)の中で、
自分がどのように生きていくのか、生活スタイルを考えることなのです。

先日「基礎講座」で、「もし電気がなくなったら・・・」というテーマで受講生に作文を書いてもらいました。
(作品の一部は本WEBサイトでも紹介したいと思います)
今後もこのようなテーマを学習のきっかけ、考えるきっかけとした学習を進めていきたいと思います。

TOPページに戻る


寒くなってきました・・・

2012-11-23

11月も残り1週間となりました。
本日から3連休という方もいらっしゃるかとは思いますが、
当塾は本日も、明日も開校しております。
受験を控えた受験生。
定期試験を12月初旬に控えた中学生。
今日もみなさん一生けんめいに学習してくれています。

さて、そんな11月の末、大分冷え込む日が続いておりますが、
みなさま風邪などひいてはいませんか?
これからのシーズン特にインフルエンザ等は十分に警戒する必要があります。
当塾では、不特定多数の方の出入りがある場所ということで、
入り口入ってすぐのカウンターに手指の消毒液を設置しております。
ご来校の際にはぜひご利用ください。

インフルエンザ対策―消毒液 |横浜の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室

 

また、冬場の太平洋側は大変乾燥しますので、加湿器を設置して乾燥対策もしております。

インフルエンザ対策―加湿器 |横浜の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室 学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室

ただし、やはり最も有効なのは、「手洗い・うがい」です。

塾に来た際に、また、帰宅後にはすぐに「手洗い・うがい」をするようにして下さい。

さらに、もっと大事なことはもちろん「栄養満点の食事」「十分な睡眠」「適度な運動」
―健康な体を維持する(免疫力を高く維持する)ために有効な方法を日常的に続けて下さい。
そうした健康な体の維持は、学習を進めていくうえでも大変重要なことです。

「健全な精神は健全な身体に宿る!」です。

 

 

TOPページに戻る


この記事に注目!

2012-10-04

本日(2012年10月4日(木))当塾がタウンニュースに掲載されましたが、同紙の中の「人物風土記」に大変興味深い記事がありましたので、ご紹介したいと思います。

「”生きる力”育む地域へ」

という見出しで始まる「人物風土記」。
毎回、様々な人物のインタビュー記事が掲載されており、同地域に魅力的な方がたくさんいることを知ることができます。

今回は「食育を中心に地域コミュニティーの活性に取り組む栄養士」の中庄里梨さん。
http://www.townnews.co.jp/0115/2012/10/02/159775.html

「生きる力」「食育」というキーワードが目に飛び込んできたので、コメントせずにはいられません。

「生きる力」とは、まさに当塾のコンセプトの中核となっている「社会で生きるために活きて働く力の育成」につながるものです。
当塾は「学習塾」ですので、知育が中心になる学びの場です。
しかし、健全な知性を育成するためには、健全な体の育成も重要な要素となります。
まさに「健全な精神は健全な肉体に宿る」ということです。
日々の教科の学習が単に成績や受験のための「テストのための学習」に終始してはモッタイナイ。
より実りある学びを進めるためには、知性を磨くことも、身体を磨くことも、感性を磨くことも、どれもが大切なもの。
特に、身体(健全な身体)は知性を磨くためにも、感性を磨くためにもなくてはならないものでしょう。
ですから、当塾としても、普段は教科学習等を通じて知性を磨くことが主となりますが、特別講座としてさまざまな分野の学びの機会を提供したいと思っております。

・・・というわけで、「生きる力」「食育」というワードの敏感に反応しているわけです。

・・・そういえば「食育」については同様のコメントを以前書いていました。
ご興味ご関心のある方は↓こちら↓のページをぜひお読み下さい。
http://learning-labo.st-community.jp/?p=883

さて、「人物風土記」ですが・・・
今回の記事の注目したのは、上記の「生きる力」「食育」などのキーワードももちろんですが、実はこれらのワードにひかれただけではありません。
なによりも「地域」へのまなざしがあることに大変共感を覚えたのです。

単に、一個人が「生きる力」を習得・向上するのではなく、そうした力を育成できるような環境をこそつくる必要がある・・・

こうした他者との関係性の中で自分も共に成長・機能していくという視点は、ホントの意味での社会的な視点だと思います。
共同体、国家などやその構成員にとって不可欠な視点だと思います。

近年、偏差値に傾斜した学校制度や受験制度などには批判的な視点が強くなってきていますが、これまで主流だったこうしたシステムでは、どうしても「個人の成功」がクローズアップされがちです。
「自分が誰かを蹴落として何かをつかむ」
となってしまいがちな競争の現場では、他者やみんなの幸せを考えることはなかなか難しいでしょう。

しかし、これからの世の中では、そうした「自分さえよければそれでいい」という感覚では世渡りが難しくなるのではないでしょうか。
いや、そういう世の中にしていかなければならないのだと思います。

国際社会・情報社会といわれて久しい現在。
個人と世界がいわばダイレクトに接続される時代です。
望んでいようがいまいが、そうなってしまう世の中です。

その時に、胸を張って世界に自分を発信し、何かのときには還ることができるコミュニティーはなくてはならない存在ではないかと思います。

当塾は誕生したばかりで、まだまだ十分に地域に貢献することはできていませんが、少しずつでも着実に、地域の方々や、考えを共有できる方々と共に、そうした一つのコミュニティーとして存在できればと思っています。

◆TOPページに戻る◆

 

 


当塾がタウンニュースに掲載されました!

2012-10-04

2012年10月4日(木)
本日の新聞朝刊に折り込まれている「タウンニュース」保土ヶ谷区版に当塾が掲載されました。

今回は、大変おもしろい?記事にして頂いております。

ご覧下さった方は、ぜひとも記事に内容に関してチャレンジして頂き、当塾までお持ち下さい。
体験授業という形でご持参頂いた内容についての簡単なレクチャーをさせて頂きます。

まだご覧頂いていない方は本日の朝刊または以下の以下のURLをクリックして頂き、タウンニュースのHPにてWeb版の記事をご覧下さい。

http://www.townnews.co.jp/0115/2012/10/04/159970.html

学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室|タウンニュース掲載写真

 

 

 

 

 

当塾では、「基礎講座」という名称のグループ指導の講座を通年で開催してい下ります。
本講座では、これまで学校教育等であまり重視されていなかった「作文」や「小論文」などの文章表現、または、ディスカッションスピーチなどの口頭(音声言語)表現、さらには、昨今学習指導要領の改訂に伴い重視されつつある「新聞を用いた学習NIE)」などを取り入れた学習を進めています。

当塾は、夏期特別講座として「作文・読書感想文講座」を開催致しました。
幸い受講生の方には好評を頂き、9月から「第2ターム」が順調に進められております。
9月はおもに文章の「要旨」を把握し、「要約」について学習してきました。

今年度から大幅改定される神奈川県公立高校入試においても文章の「要約」や「作文」は必須の内容なので、受験生(中学3年生)にとってはより重要な内容となります。

現在10月からは一転して「新聞を用いた学習(NIE)」をスタートしております。
普段あまり新聞を読まない生徒さんにとっては、新聞をまじまじと見る機会さえ新鮮なものとなるでしょう。

そんな「新聞を用いた学習(NIE)」では、記事の内容から「見出し」を考えるという実践があります。
「見出し」というのはタイトルのようなもので、一般の書籍などにもある通り、あるまとまった文章には必要に応じて「タイトル」がつけられます。
そのタイトルとは、まさにその文章の究極の「要約」であります。

このように様々な観点から学習を進める「基礎講座」ですが、共通していえるのは、「ことばの力」を磨くということ。
「ことばの力」とは、様々な学習において必要不可欠な基礎的な能力であります。
そればかりではなく、人間の社会的な生活においても重要な能力でしょう。
学習を効果的に進めるには、それが社会的な生活においても活かされる力をするには、当然「ことばの力」に注目することが必要になるのではないでしょうか。

・・・タウンニュースの記者さんとは、上記のような当塾の基本的なコンセプト、「基礎講座」の内容等について幾度かお話をさせて頂き、今回のような記事を書いて頂きました。
ぜひ皆さん記事の「見出し」作り、あるいは要約を実践してみて下さい。
「要約」とは端的に中心となる内容を把握することです。
県公立高校入試がひかえている受験生(中学3年生)にも、普段忙しくてじっくり読書をしていられないビジネスマンの方にとっても、「要約」は大変有効なものだと思います。

実践してみたという方はその結果を当塾にぜひお知らせください。

皆さまの作品を楽しみにお待ちしております。

横浜の個別指導・グループ指導学習塾・作文教室|学習塾ラーニング・ラボ横浜天王町教室TOP


タウンニュース掲載!2012年9月13日号

2012-09-13

本日タウンニュース(保土ヶ谷区版 2012年9月13日号)に当塾が掲載されました。
新聞を定期購読されている方は朝刊と一緒にお手元に届いているかと思います。

今回は、「基礎講座」の授業内容や体験授業、「受験対策講座」について取り上げて頂きました。

ぜひご覧ください。


« Older Entries Newer Entries »
                 
Copyright(c) 2012 Learning-Labo by STcommunity All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme